感情と肥満とは、人々の食欲にとても大きく影響を及ぼしています。

前述の暴飲暴食、これをもたらすストレスは、脳が分泌しているホルモンの影響によるものと言えます。

わたしたちの気分がホルモン作用を促し、特定の食べ物へと導いているのです。

気分によって「○○が食べたい」「△△が食べたい」と思ったことはありませんか?

これらは、‘おなかの調子’ではなくホルモンバランスが原因だったのです。
ストレスを感じた時、あなたの気分を高揚させるために簡単に口にできる食べ物・・・

それが糖分です。

糖分はセロトニンの分泌を促します。

セロトニンとは、いわば抗うつ剤のようなホルモンで、脳内にセロトニンが分泌されることにより、気分が良くなり、脳はストレスによるダメージを軽減しようとします。

気分が落ち込んでいるときはホルモンの分泌が低下します。
セロトニンの分泌には糖分をたっぷり含んだ食べ物が欠かせません。

あなたがストレスを感じたとき、不安なとき、大好きな甘いものに手が出てしまうのはこのホルモンが影響していたのです。

気持ちを常に前向きに、そしてセロトニンの分泌量を健康的なレベルの量に保つことが理想です。

しかし、脳が司令塔のホルモン、その分泌量は必ず制御できるとは限りません。
空腹感を鎮めるためにも、あなたの生活におけるストレス要因を突き止める必要があります。