トレーニングが習慣になり、その効果が見た目に表れてくるときの快感を味わってしまうと、毎日なにかしたらトレーニングをしたり、体を動かさないと落ち着かなくなってしまうという人が多いです。
それだけ、筋トレが生活の一部になってしまうのが好ましいといえます。

そうは言っても、最初はできるだけトレーニング量を少なくして、辛いトレーニングを減らしたいと思うのが初心者の本音でしょう。

トレーニングを開始する前に、きちんと自分の体を知った上で、トレーニングを開始することが大切です。もちろん、最初はウエイトトレーニングなど自分ができる範囲の重量から始めることが怪我や故障を避ける最善策になります。

段階的に、筋肉への負荷を増やしていくことで、効果を発揮していくことができます。

最初の1~2週間は、オーバートレーニングにならないように、月・木は上半身、火・金は下半身、水曜日は、休養日にする、というように部位別に鍛えるメニューを組むのもトレーニングを続ける上では重要なスケジュール管理となります。