筋肉が大きくなる仕組み。

この仕組みがわかれば、どのようなトレーニングをすれば、理想の体に近づくことができるのか?が自然と明確になります。

では、その筋肉が大きくなる仕組みとは?

それを早速解説しましょう。

まず、筋トレをすると筋繊維の一部が損傷します。筋トレ直後というのは、筋肉をいじめたわけですから、筋繊維が傷ついた状態になるのです。

筋肉痛になって、思うように体が動かせない、力が出せないといった経験は人生で一度はあると思いますが、まさに筋繊維が傷ついている状態です。

その後、約36~72時間で筋繊維は元に戻りますが、再びトレーニングをすると、筋肉がその負荷に耐えようとして元より筋繊維を成長させようとします。

この現象を『超回復』といいます。

48時間~96時間が超回復期間とされ、その前よりも筋量・筋力が自然に増えている現象です。

0805diet_3

毎日筋トレをしなくていい理由がここにあるのです。

『運動・栄養・休養』の3つが大切というお話を既にしましたね。

部位によって回復の時間が異なりますので、部位別の回復期間にあわせてメニューを組めばさらに高い効果を出すことが可能になるのです。

休息期間が短い場合には、超回復が間に合わず、オーバートレーニングを行うと、トレーニング効果がマイナスになるばかりか筋肉の故障や怪我の原因となります。

0805diet_4