胸と腕は太い腕やぶ厚い胸板など、「男らしさ」と密接に関わる筋肉が数多く存在する部位です。

胸の筋肉である大胸筋、肩の三角筋、肩から肘にかけてはしる上腕二頭筋と、上腕三頭筋などが、代表的な筋肉です。

これらは腕の力を発揮したり、ものを持ち上げるときに使われる筋肉で、これらの筋肉が力強く大きくなっていれば、上半身がとてもたくましく見えます。

上半身の筋肉を鍛えるトレーニングは、プッシュアップ(腕立て)が基本中の基本になります。そのほか、ベンチプレスを使ったり、ダンベルを使えば、自宅でも簡単に筋力アップできます。
トレーニングを行う筋肉の部位に神経を集中させて、正しいフォームでトレーニングを行いましょう。

男性であれば、逆三角形の上半身に6つにきれいに割れた腹筋は憧れのボディラインであると思います。

腹筋以外にも腹部には、大腰筋、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)、腸腰筋など、上半身と下半身を連携させるためにきわめて重要な筋肉が腹部には集中しています。

これらの筋肉の働きによって、腹圧は維持され、内蔵はあるべき場所に収まるのですが、中年太りや、筋肉衰退、飲酒・食生活の乱れにより、下っ腹が前に出てしまいがちです。

お腹のゼイ肉が前に押し出ている状況は、腹筋の筋力が弱っている為に、腹圧がかからず、内臓があるべき位置に収まらず前に出てしまっている現象です。

ビール腹や、たるんだお腹は見た目的にもみっともないですし、あなたのモテ度を確実に下げます。衰退した腹部の筋力アップをする為にも、腹筋を鍛える代表的なクランチを行いましょう。

背中

背中の筋肉なんて、めったに見られないし、鍛える必要ないと思われている人が多いようですが、それは大きな間違いです。

体の筋肉は全てがバランスして成り立っています。
典型的な例としては、腹筋ばかりしていれば、背筋とのバランスが崩れ、腰痛を引き起こす事例がよくあります。

背筋は特に全身のバランスを保つ意味で重要な役割をしている筋肉です。
以外に他人から見られる後姿も、背中の筋肉を鍛えることで、ウエストが引き締まり、上半身のラインが美しく見えるようになります。

背中の筋肉なんて、めったに見られないし、鍛える必要ないと思われている人が多いようですが、それは大きな間違いです。

体の筋肉は全てがバランスして成り立っています。
典型的な例としては、腹筋ばかりしていれば、背筋とのバランスが崩れ、腰痛を引き起こす事例がよくあります。

背筋は特に全身のバランスを保つ意味で重要な役割をしている筋肉です。
以外に他人から見られる後姿も、背中の筋肉を鍛えることで、ウエストが引き締まり、上半身のラインが美しく見えるようになります。