油脂も肉と同様、カロリー、脂質、コレステロールの面から「ダイエットには大敵」とされてきました。 しかし、湯質は細胞膜、血液、ホルモンなどを作り、ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を高めるなど、体に書くことのできない栄養素。

また、コレステロールは人が生きていく上で必要なものであり、近年では、善玉コレステロール値は高いほうが良い、LDLコレステロール値が低すぎるとがんのリスクが増えると報告されています。糖質制限食でコレステロール値はほどよいところで落ち着きますので、そんな湯質を使った揚げものもOKです。

留意したいのは、どんな油を使うか。
リノール酸を含むサラダ油やマーガリンは避けます。おすすめはオリーブ油。オリーブ油は100%オリーブの実を丸ごと絞ったピュアなあ油で、オレイン酸が多く、参加しにくい長所があります。 また衣に使うパン粉や天ぷら粉は、糖質の多い小麦粉が原料になっているので、必要以上につけないように気をつけましょう。