[ポケットMBA]正しい意思決定のための「分析」の基礎技術



[ポケットMBA]正しい意思決定のための「分析」の基礎技術 (PHPビジネス新書)

1年前ぐらいに知り合いが、グロービスのセミナーに通ってて評判いい話を聞いたので気になって買ってみた。なぜ分析にしたかというと、最近仕事でよく分析について考えさせられ、さらにはもっと学びたいと思ったからなんだよね。で、これが正直1回目読んだ時は全くおもしろいと思わなかったwでも、最近になってまた分析について深堀りしたくなって読み返してみたところ、、、意外におもしろかったwその時ピンとこなかったことが読み返して、問題意識高めで読んでみたら自分の学びとなるキーワードがたくさん出てきた。こういうビジネス本って自分が問題に深く直面したときでしかないと心に響かないって強く感じさせられる。

まとめ

分析の目的
1、正しい意思決定をすること
2、それによって組織を良い方向へ動かすこと

どんな分析に価値があるのか
1、皆の常識や仮説を覆す、あるいは新しい有用なヒントを提示する
2、仮説がぼんやりしている状況で方向性を出してくれる

悪い分析
特に意図もなく、何となく数字をいじってみる
とにかく無駄な作業が多い
分析そのものが目的化し、いたずらに細かい部分を知ろうとする

分析のステップ
1、目的を認識し、メインの論点(イシュー)を設定する
2、いったん(なるべく最終的な)仮説を持つ
3、仮説に従い、どのような情報や分析が必要か当たりをつける
4、実際に情報を収集する
5、分析を行う
6、分析結果を効果的に伝える工夫をする

情報の種類
1、定量・定性情報
2、事実、意見、予測
Garbage in, garbage out ゴミを入れてもゴミしか出てこない。
不正確なデータを入力すれば,不正確なデータが出力される。出力の質は入力の質次第だという経験則。 GIGO 。

3、属性データ、内面データ、行動データ、結果データ
4、1次情報、2次情報
5、フォーマル、インフォーマル

気をつけるべきバイアス
1、確証バイアス
2、専門偏向 自分の得意分野の情報を重く見がち
3、近日効果 最近起こったことを過大評価する
4、半径5メートル思考 自分の身の回りのことが世の中の標準的な姿と錯覚

分析の基本
1、「So What?」(だから何が言えるのか?)を考える
2、適切に分ける
3、正しく比較する
4、「目」で考える
5、複数の視点や視座を意識する

分析の型(基本を比較に置いた場合)
1、大きさ(インパクト
2、ギャップ(差異
3、トレンド(時系列の差異
4、トレンド(時系列の差異
5、ばらつき(分布
6、パターン(法則


[ポケットMBA]正しい意思決定のための「分析」の基礎技術 (PHPビジネス新書)

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ